闇に舞い降りた名探偵こ~くんのめきめき動画館

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.Big Star Blues
2.メルティランサー
3.行司
4.NAOTO
5.The Breeders
6.生瀬勝久
7.ガングレイヴ
8.ベアルファレス
9.バリケード
10.ああっ女神さまっ

ブギーポップは笑わない ~Boogiepop Phantom ― オリジナル・サウンドトラック この曲を聞いていると、ブギーポップのアニメの場面を思い出しちゃいます。
かっこいい+残酷+考えさせられるです。

ブギーポップFANなら買う一品ですね


ことわざの泉―日・英独仏中対照諺辞典 外国人に日本語のことわざをそのまま直訳しても、外国人に「??」というリアクションを受けたりして、「あぁ、何とかしたいなぁー」というご経験のある方にお薦めします。英語・独語・仏語で日本のことわざを説明できるようになります。(【翻訳≠直訳】ということが良く分かりますね)

例えば「屋上屋を架す」(=余計な無駄をすること)の項目を見ると、まずは英・独・仏で直訳が載っています:

英:to roof over a roof

独:auf das Dach noch ein Dach setzen

仏:recouvrir un toit par un autre toit

次に、それぞれのお国に対応する諺が(もしあれば)掲載されています。上のケースだと、

英: to carry coals to Newcastle (「石炭をNewcastle(石炭積出し港市)に運ぶ」)

独: Eulen nach Athen tragen (「フクロウをアテネに携える」、フクロウは知恵の女神アテナイの鳥)

仏: porter de l'eau a la mer(「水を海に運ぶ」、なお"a la mer"のaは本ではチャンとアクサン・グラーブで印刷されています)

巻末の方に中国語の直訳と(もしあれば)中国でのことわざが中国語で記載されています。

英・独・仏の索引もあり、それらの言語のことわざに対応する日本のことわざも調べることも可能です。

polyglot(多言語を操れる人)を目指すなら、こういう本があると楽しいと思いますょ。「外国語上達法」(千野栄一著)でも、その言語の「レアリア(=言語外知識)」が必要であると述べられていますが、本書はそのような知識獲得のための参考書の一つとして挙げることが出来そうです。あと、日本語好きの外国人(←きっとpolyglot?)への贈り物としても面白いかも。

たいぴんぐ まほろまてぃっく タイプじょうずなメイドさん ゲームの完成度は非常に高く、いいと思います。
結構タイピングに慣れている私でもクリアできないところ
もあったのでタイピングソフトとしての使命はきっと果たしてく
れるでしょう。ただ、残念なのが、Lesson1がローマ字で表示されてくる、つまり 箸というのをHASIと書いてあるので慣れている人
にとってはローマ字を読むのに時間を要してしまう。

あともうひとつ残念なところが、BGMがWavであること。
べつにWavでも問題はないが、演奏に問題がある。
いかにもWindows標準についてるMicrosoft GS なんとかで
演奏して録音したという感じです。もともとはMIDIなのでしょうから
せめてSC-88Proぐらいで演奏してほしかったものです。
もしくはMIDIをそのままBGMとして使っても良かったのでは?

せっかくSD-90とか持ってる人でも全くいみ無いですからねぇ。
最初は標準演奏設定がおかしいのかな!?とおもってコントロールパネル見ましたよ(笑)。
ま、それを除けば、良いと評価してもいいと思います。


☆人気サイトランキング☆

i-mobile

[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!