×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

鋼鉄の仕事人もみじちゃんのめきめき時事評論

ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.テニス
2.ポケモンスナップ
3.八木教広
4.STUNTMAN
5.炎の蜃気楼
6.ジュピター
7.All Japan Goith
8.佐藤亜美菜
9.レイン・フェニックス
10.フライングガーデン

i-mobile
少年たちのおだやかな日々 (双葉文庫)
思春期の少年(少女)たちが関係する事件たち。
彼らの残酷さや純粋ゆえの不安定さなどが描かれつつ、あっという間に薄ら寒さを覚える結末へ…
かといって強烈ではあるがおどろおどろしく書かれておらず、会話が多いので読みやすい。
ただ、多島斗志之氏の普段の作品とは違うものなので
この作品が駄目だと思った人も他の作品に挑戦してもらいたい。
ちなみにこの中の「罰ゲーム」は世にも奇妙な物語で映像化。

黒百合
異なる3つの時代のストーリーが最後の最後で一つに交錯する時、その余りの意外性に意表を突かれるが、それ以上に三人の少年少女の夏休みの描写が透き通る程に美しく、いつまでも残像が尾を引く。

症例A (角川文庫)
多重人格を絡めた精神疾患の少女にまつわるストーリーと
美術品の贋作にからんだミステリーをテーマとした作品.
2つのストーリーが平行して進み,最後に統合して結末を迎えるが・・・
実際のところ,贋作の話は蛇足気味で,多重人格のストーリーの方が圧倒的に読み応えがある.

多重人格を扱ったノンフィクションは多いが,
本作品では多重人格に対する精神科医の懐疑的な見方から始まる.
サイコでミステリアスな病気という興味本位な取り上げ方ではなく
イーブンな目線からこの病気にテーマとした姿勢に好感が持てる.

何より,言葉や仕草からいろいろな情報を読み取っていく精神科医の姿が
非常にリアルで関心した.
こういうシーンをわざとらしくなく表現するのはなかなか難しいものである.
作者は精神科医ではないようだが,
精神科医の書いたノンフィクションと比べても遜色ない出来と言える.

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!